ズワイガニで知っておくべき情報

ズワイガニってどんな蟹

まず、ずわいがにについての概要を説明しておきます。

 

エビ目クモガニ科ズワイガニ属で、オスは松葉ガニや越前ガニ、そしてメスはセイコガニ、コウバコガニといわれる蟹で、オスの甲羅はおよそ15センチに達しますが、メスは約8センチと小さいのが特徴です。

 

さて、ズワイガニといえば、最初に思い浮かべる場所は日本海だと思われます。
ですが、実は太平洋側にも生息しているかにです。
太平洋側の漁港でも、決して少なくはない量のずわいがにの水揚げがある場所も存在しますが、やはり主な産地は日本海の一帯、そしてオホーツク海です。

 

なぜ「ズワイガニ」なのか

次に、名前の由来についてです。
ズワイガニのズは頭で、かにの王様を意味する、とされています。
また、伸びた小枝のことを意味する「すわえ」から転じたもの、という説もあります。
石川県、そして福井県ではズワイガニのことを越前ガニ、島根県と鳥取県では松葉ガニと呼んでいます。

 

オスとメスの大きな違い

オスは、甲羅の幅が長く、メスはそれと比べて極端に幅が短いのが特徴といえます。
メスは一年間、卵を抱えてから産卵をして、これを何回か繰り返すことで栄養を使い、そのため成長が止まる、と考えられています。

 

メスとオスのズワイガニの写真

 

通常、ズワイガニといえば、たっぷりと身が詰まっているオスのことをさし、メスはそれと区別するため、違う呼び方をします。

 

都会の場合、オスが高い人気を集めていますが、産地では少し状況が違うようです。
身は少なくても、甲羅に張り付いている未成熟卵の内子、そしてお腹に抱いている成熟卵の外子の深い味わいを好むのです。

 

また、メスは汁物や鍋に使えばダシもよく出ます。
石川県ではメスをコウバコガニ、福井県ではセイコガニと呼びます。

 

味は一番!

蟹の中で最も美味とされるのが、ズワイガニです。
グルタミン酸やグリシン、アデニル酸、アミノ酸などの旨味成分を豊富に含んでいるからです。
熱心な蟹好きの中には、冬真っ只中の山陰や北陸までわざわざ足をのばし、ゆでたばかりのズワイガニをほおばる人もいます。

 

解禁はいつ?

ズワイガニ漁の解禁は11月。
最も美味しくなるのは真冬で、大陸から冷たい季節風が吹き出す頃、ズワイガニの季節も到来します。

 

おいしい料理

産地ならではの食べ方があります。
鳥取県は岩美町では、生きているうちに足からかにの身を取り出し、それを氷水につけます。
すると、まるで桜が咲いたように身が反り返ります。
これを、ズワイガニの洗いといって、名物料理となっています。

 

産地ならではの食べ方で、高価です。
2月から3月になると、若いかにが水揚げされるので、この洗いが手ごろな価格で食べることができるため、狙い目です。

 

都会でカニすきを注文したときに、ポン酢がどれだけおいしいか、という事を説明されることがあります。
カニに自信が無いからでしょう。
産地で食べるカニすきはまったく違っています。

 

ポン酢を使わず、汁はメスがに、そして昆布とかつお節でだしを取って、そのまま食べます。


このページの先頭へ戻る